つみたてNISA 投資 投資信託

タンタンとつみたて投資〜2022年3月分の積み立て

1月の風に引き続き、1月末にコロナの濃厚接触者の濃厚接触者になったことで2月1週目も強制的に休み。

これにより1月2月の半分が休みになってしまいました。2月も終わりですがあんまり働いた気がしないです。

 

株式相場は2月は1月に続いて下落傾向が続いた気がしましたが、終わってみれば少しのマイナスでした。何があっても毎月変わらずタンタンと続けるだけです。

 

ちなみに、今回は2020年8月からタンタンとつみたて投資にタイトルを変えてからの20回目。

 

タンタンとつみたてというタイトルは、文字通り淡々と続ける投資を文字の見た目を良くするために変えました。

コツコツ投資とも呼ばれますが、よく使われているので、あえて違ったタイトルにしています。

2022年2月の振り返りと、2022年3月のタンタンとつみたて投資の実績(予定含む)です。

 

 

2022年2月の投資資産の振り返り。

2022年2月の1ヶ月間のわたくしの投資資産(投資信託)の状況です。

  • 2月は月初に少し上がってその後は下落。最後に少し盛り返して少しマイナス。

2月途中までは下落一直線でした。約10%くらい最高値から落ちましたね。

このくらいは想定の範囲内です。まぁ、どれだけ下がってもタンタンと続けるだけなんですけどね。

2月最終日に少し戻したので1ヶ月で見ると少しのマイナスとなりました。

2022年3月つみたて投資について

2022年3月の私のつみたて投資(予定を含む)の内訳です。

毎月のことですが、つみたて投資は「つみたてNISA」と「特定口座」の2つの口座を使っています。口座ごとに投資しているファンドと今後の投資方針を紹介します。

 

つみたてNISA口座を使った投資

2020年6月から「つみたてNISA」で積み立てているファンドはこの4つです。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等形)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

この4つでつみたてNISAの月当たりの上限(33,333円)を使い切るようにしています。

 

内訳としては

  • 「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が3,333円/月
  • それ以外が10,000円/月の合計33,333円/月を積み立てています。

つみたてている商品を分散することに対しては人によって色々考え方があります。「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」だけにしている、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」だけの人、色々です。

 

大事なことは、タンタンと積み立てるだけです。

 

2022年3月以降も上記の内容でタンタンと積み立てていく予定です。

 

つみたてNISA以外の積立投資(特定口座)

つみたてNISA以外にも下記のファンドを継続して積み立てています。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

額としてはそれぞれ2.5万円ずつですね。

余裕資金の範囲で特定口座でもつみたて投資をしています。

 

不定期枠(特定口座)

不定期で購入します。購入の原資は楽天ポイントです。通常ポイントはすべて下記のファンドの積み立てを行います。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2022年2月は761円分の楽天ポイントをここに回すことができました。今月は通常ポイントがほとんどたまっていなかったので、少なめです。

 

その他投資ネタトピック

投資信託とは別に個別株をいくつか保有しています。

2月は個別株の損切を一気に行いました。損切りしたことでできた資金は別の投資先に振り替えようかと検討中です。

当面は銀行口座に入れたままになります。

 

まとめ

2月も下げ相場が続きましたね。

私の場合、投資期間が長いので含み益が少し減ったといったところでしょうか。去年の夏くらいから投資を始めた方は含み損が出ているかなと。

この記事を書いているのは2022年2月末ですが、最近はレバナス勢の元気がすっかりなくなってしまいました。2022年になってからの下げから考えるとレバナス勢はそこそこのダメージを食らったのではと推察しています。

レバレッジのかかった投資商品は難しいなと思った1か月でしたね。

つみたて投資は楽天証券で行っています。

最近、相次ぐサービスの改悪であまりおすすめできませんが、私は楽天でのつみたて投資を継続します。

理由は手間がかかるからです。他社も改悪するかもしれないので慌てて乗り換えるのはあまりいい手ではないと考えています。

↓まずは楽天会員になるところから始めましょう
å

投資はもちろん自己責任で行ってください!!

-つみたてNISA, 投資, 投資信託
-, ,

© 2022 pedalclecleの自転車操業 Powered by AFFINGER5