タンタン(淡々)とつみたて投資 2020年8月分の積み立て

私は毎月毎月、投資信託を購入しています。

毎月一定の金額で投資信託を購入する投資法を「コツコツ投資」と言ったりしますが、ブログのタイトルでよく使われています。あと、自分の場合は、投資するファンド、投資金額は基本変えないで行くので、コツコツというよりかはタンタン(淡々)といったほうがしっくり来ました。

よって、今月からはブログのタイトルに”タンタン(淡々)と”を追加しました。

今月のタンタンとつみたて投資の実績です。

まずは、2020年7月振り返り。

2020年7月1ヶ月の投資資産の状況ですが、日本株は上がった株、下がった株まちまちで全体としては軟調な1ヶ月でした。

この記事の本題であるつみたて投資で保有している資産の合計は7月も6月に引き続き増加し、結果として月末にはプラスとなりました。

投資資産全体では日本株と投資信託を合計して少しのプラスという結果となりました。

2020年8月積立投資について

積立投資は「つみたてNISA」と「特定口座」使っています。口座ごとに投資しているファンドのおさらいと今後の投資方針を紹介します。

つみたてNISAを使った投資

2020年6月から引き続き、「つみたてNISA」で積み立てているファンドはこの4つです。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等形)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

この4つでつみたてNISAの月当たりの上限(33,333円)を使い切るようにしています。

 

内訳としては新興国株式が3,333円/月、それ以外が10,000円/月の合計33,333円/月を積み立てています。これは先月、先々月と変えていません。当面の間はつみたてNISAで積み立てる商品の組み合わせは帰る予定もないです。ただ、タンタンと積み立てるだけです。

 

9月以降も上記の内容でタンタンと積み立てていく予定です。

つみたてNISA以外の積立投資(特定口座)

つみたてNISA以外にも下記のファンドを継続して積み立てています。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

額としてはそれぞれ、2万円ずつですね。

積立額は2020年6月に増額してから金額は変えていません。これも当面の間は積立額、ファンドの変更予定はありません。タンタンと投資するだけです。

つみたてNISA分と合わせた月々の積立額の合計は5月から変わらないようにしています。

積み立てをやめたファンド

今月は積み立てをやめたファンドはありません。

2020年6月に大幅な見直しをしたので、しばらくは積み立てるファンドおよび金額の変更はしない予定です。

この項目は今月で一旦、お役目御免となります。

タンタンとつみたて投資の段階まで行くと投資対象のファンドを選んだり変えたりすることもなくなりましたので、潮時ですね。

まとめ

今月からタイトルを変えて気分も一新と行きたいですね。

積立額については生活の見直しを行い増額したいと先月の記事で書いていましたが、7月は自分の怪我の治療費という出費があり見直しということができませんでした。

8月はなんとか数千円でも増額したいなと画策中です。

 積立は楽天証券で行っています。

自分は楽天証券で毎月の積立投資を楽天カード決済で行っています。

この方法のメリットは、最大、月50,000円までの買い付けに対して1%の楽天ポイントが確定で付与されることです。投資で1%稼ぐというのもかんたんなことではないので、”確定で”1%の戻りがあるというのは強いですね。

 

なので、投資をするのであれば楽天証券はおすすめです。

 

↓まずは楽天会員になるところから始めましょうå
å

投資はもちろん自己責任で行ってください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました