ふるさと納税 投資

2021年ふるさと納税ふりかえり+α

12月も10日を過ぎ、新しい年までもう少し。

2021年分のふるさと納税の振り返りをしてみます。

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本に於ける寄附金税制の一つ。”納税”という名称だが制度上の実態は「寄付」であり、任意の自治体に寄付をして、その寄付金額を現に居住する地方自治体へ申告することにより寄付分が控除できる本制度をもって、希望自治体に事実上の”納税”をするというものである。「ふるさと寄附金」とも呼称される。

説明は固いですが要は翌年の住民税を前払いすると自治体によっては返礼品をもらえるという便利な制度です。

このサイトは税金について詳細については説明しません。まぁ、詳しく知りたい人はググってみてください。

2021年に40代DINKS家庭がふるさと納税先に選んだ自治体と返礼品

2021年にふるさと納税をした自治体と返礼品について軽く紹介します。

ふるさと納税は楽天ふるさと納税を利用しています。楽天ふるさと納税を経由すると税金に対してもポイントバックしてもらえます。自分の場合、楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時に納税するので、ポイントバックは大体20%くらい受けられています。返礼品は大体納税額の30%くらいなのでポイントバックと合わせて50%くらいを納税額から返金されていると計算しています。

では、2021年に納税した自治体と返礼品です。

新潟県長岡市 - コシヒカリ5Kg × 3回

【ふるさと納税】米 5kg 白米 コシヒカリ 魚沼 令和3年 B7-15新潟県魚沼産(長岡川口地域)コシヒカリ5kg

価格:10,000円
(2021/12/11 15:57時点)
感想(147件)

今年食べたお米の半分は新潟県長岡市の返礼品であるコシヒカリになります。

1月、6月、12月と3回納税しました。間が大体半年くらいありますが、間には株主優待品などでもらったお米を食べています。なるべくいいしなと思い、この米を選んでいますが他にもいいお米があれば来年は変えてみてもいいかなと考えています。

 

福岡県新宮市 - 無縁・素焼きのアーモンド2Kg

【ふるさと納税】無塩・素焼きのアーモンド2,000g(500g×4袋)保存に便利なアルミチャック袋でお届け! 栄養 美容 美肌 小分け チャック付き 2kg .A676

価格:10,000円
(2021/12/11 16:01時点)
感想(4件)

某ビジネス系ユーチューバーが紹介していたので素焼きアーモンドを返礼品に選びました。

確かに良いのですが、食いしん坊の奥さんにパクパクと食べられてしまうので、1回で終わってしまいました。

 

和歌山県有田市 - 有田市認定みかん5kg

【ふるさと納税】 有田市認定みかん(5kg)日本初 自治体 認定 送料無料 産地直送 フルーツ 果物 本場 和歌山 有田 有田市 ありだ みかん 幸せの連鎖 甘い 濃厚 コク ジューシー S M L ふるさと 応援 寄附 おすすめ オススメ 国産

価格:12,000円
(2021/12/11 16:04時点)
感想(136件)

11月に入って2021年のふるさと納税の利用上限が見えてきたので、枠を使うために何かないかと探していたときに目にとまったのでポチリました。

5kgだと40玉入っていました。

味は良かったので、奥さんのふるさと納税の枠でお替りしようかと検討中です。

 

長野県小布施町 - 氷温冷蔵シャインマスカット約1kg

ミカンと同じく11月にポチリました。

12月10日現在まだ到着していないので、感想は書けません。。。

今年の申し込みは締め切っていたのか商品リンクが出てきませんでした。。。

奥さんにもふるさと納税を活用してもらう!→制度を深く知らない人の勘違い2つ

2021年は奥さんにもふるさと納税をしてもらうべく年末に活動中。

年末までもう1回楽天お買い物マラソンかセールがあるのでその時にふるさと納税を体感してもらおうといろいろ頑張っています。

 

奥さんがふるさと納税について調べていた時に勘違いしていたこと2つを紹介します。

勘違い① - 確定申告が必須だと思っていた→ワンストップ特例制度があります。

奥さんが勘違いしていた1つ目でかつ、最大の障壁だと思っていたことが確定申告が必須であるということ。

これについてはワンストップ特例制度を使えば確定申告は不要であることを前から説明はしていましたがなかなか伝わらなかったです。今回、奥さん自身が勉強したときに理解したようです。

ちなみにわたくしは5年以上確定申告をしていますので、ワンストップ特例制度は使っていません。

なので、毎年2月に確定申告の準備をして税務署に行っています。これを見ていたのでミスリードさせてしまったかもしれませんね。

私も2022年からはワンストップ特例制度を使う予定です。

勘違い② - ふるさと納税をするたびに2,000円かかる→1年で約2,000円かかる

これも慣れた私だとあまり意識していませんでしたが、実体験のない奥さんだと誤って理解してしまっても仕方ないかもしれませんね。

巷の情報だと2,000円で返礼品をもらえると紹介するサイトは数多くあれど、1年間に複数の自治体に複数回分けてふるさと納税したとのシミュレーションを細かく説明するところは意外とないのかもしれません。

これについては自分は何年もふるさと納税で納税しているので、この件の理解は誤りであることを滾々と説明したら納得いただけました。と同時に、「めちゃくちゃお得やん!」って言ってました。

まとめ

ふるさと納税を使える人であれば便利な制度だと思います。

まだ使っている人はぜひとも2021年末までに1回試してみてください。

また、ふるさと納税をするには1回はいググって制度について理解してから行うようにしてくださいね。寄付金控除以上にふるさと納税をするとただの寄付になってお得にはならないです。くれぐれも注意願います。私は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします!!

 

2019年にもふるさと納税の振り返り記事を書いていました。よかったらのぞいてみてください。

-ふるさと納税, 投資
-

© 2022 pedalclecleの自転車操業 Powered by AFFINGER5