つみたてNISA 投資 投資信託

タンタンとつみたて投資〜2021年4月分の積み立て〜

年度末の3月も終わり、私が勤める会社では今日から新しい年度が始まりました。

2020年8月からタンタンとつみたて投資にタイトルを変えてからの9回目。

タンタンとつみたてというタイトルは、文字通り淡々と続ける投資を文字の見た目を良くするために変えました。コツコツ投資とも呼ばれますが、よく使われているので、あえて違ったタイトルにしています。

 

2021年3月の振り返りと、2021年4月のタンタンとつみたて投資の実績(予定含む)です。

2021年3の投資資産の振り返り。

2021年3月の1ヶ月間のわたくしの投資資産(投資信託)の状況です。

  • 1月、2月に引き続き好調!!

1月、2月に引き続きに上昇しました。

2021年4月つみたて投資について

2021年4月の私のつみたて投資(予定を含む)の内訳です。

毎月のことですが、つみたて投資は「つみたてNISA」と「特定口座」の2つの口座を使っています。口座ごとに投資しているファンドと今後の投資方針を紹介します。

つみたてNISA口座を使った投資

2020年6月から「つみたてNISA」で積み立てているファンドはこの4つです。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等形)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

この4つでつみたてNISAの月当たりの上限(33,333円)を使い切るようにしています。

 

内訳としては「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が3,333円/月、それ以外が10,000円/月の合計33,333円/月を積み立てています。これは2020年8月より変えていません。当面の間はつみたてNISAで積み立てる商品の組み合わせはこのまま変えずにいる予定です。

 

つみたてている商品を分散することに対しては人によって色々考え方があります。「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」だけにしている、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」だけの人、色々です。

 

大事なことは、タンタンと積み立てるだけです。

 

2021年4月以降も上記の内容でタンタンと積み立てていく予定です。

つみたてNISA以外の積立投資(特定口座)

つみたてNISA以外にも下記のファンドを継続して積み立てています。

積立投資ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

額としてはそれぞれ2.5万円ずつですね。

 

2021年3月も金額は変わらずキープです。

まとめ

毎月月初にタンタンとつみたて投資の記事をアップしていますが、ほとんど書く内容がありません。タンタンと投資していると変化がないためです。

ファンドをいくつか列挙していますが変更がない限りは証券会社の口座を開く必要もないので代わり映えしない記事が量産されてしまっているかもしれませんね。

 

その他のトピックとしては、3月には家を建てるための土地を決めて契約しようとしました。

しかし、販売主側のチョンボで重要事項説明書に問題が放置されていたようで、それが解決しない限りこちらも契約しない旨を伝えたら、契約がしばらく延期となってしまいました。

コチラとしては契約が延期となった分、値下げの交渉する余地が増えたので良かったと捉えておきました。

 

状況が変わればまたこのブログでも報告します。

つみたて投資は楽天証券で行っています。

こちらも毎月書いていますが、自分は楽天証券の楽天カード決済で投資を行っています。

この方法のメリットは、最大月50,000円までの買い付けに対して1%の楽天ポイントが確定で付与されることです。投資で1%稼ぐというのもかんたんなことではないので、”確定で”1%の利益があるというのはお得感があります。

5万円を超える分は現金決済です。

 

投資をするのであれば楽天証券がおすすめです。タンタンとつみたてていくとポイントも貯まります。ポイントを使って再投資するのもありです。それ以外にも楽天でショッピングで使うというのもいいと思います。ポイントの使いみちがたくさんあるということが楽天ポイントの一番の強みです。

↓まずは楽天会員になるところから始めましょう
å

投資はもちろん自己責任で行ってください!!

-つみたてNISA, 投資, 投資信託
-, ,

© 2021 pedalclecleの自転車操業 Powered by AFFINGER5