つみたてNISA 投資 投資信託 積立投資

投資ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020

毎年毎年この時期に発表されている投資ブロガーが選ぶ! Fund of the year 2020が1月16日(土)に発表されました。

http://www.fundoftheyear.jp/2020/

私も2020年からは投票しようと意気込んでいましたが、気づいたときには投票が締め切られていたため悔しい気持ちになりました。

今年2021年こそは投票できるようにブログの活動を頑張っていこうかなと思っています。

投資ブロガーが選ぶ! Fund of the Year とは

2007年から開催されている投信ブロガー有志で運営されているイベントです。

ここで表彰されているファンドは証券会社の売れ筋のファンドとは異なったファンドが選ばれる傾向があります。

投票できるのは運営に投信ブロガーとして認められる必要があります。

私は2020年こそは手をあげるつもりでしたが冒頭で書いたとおりに気づいたときには投票が締め切られていましたので、今年も投票には参加しておりません。

Fund of the yearに輝いたファンドは!

2020年のFund of the yearに輝いたファンドは

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

です。

2年連続でのFund of the year受賞となりました。

 

正直、自分は売れ行きもファンドの運用利回りもよい"S&P500"関連のファンドが選ばれるのではと思っていました。

が、さすがは投信ブロガーが選ぶFund of the year。世界中、先進国新興国の企業の株式に別け隔てなく投資ができるファンドを選ぶあたりが証券会社の人気ランキングとは異なるところです。

ランキングは以下のとおりです。(下記の画像はFund of the yearのHPより引用)

私の場合は、

私がもし投票できていたのであれば下記に投票していました。

eMAXIS Slim 先進国株式

2018年にFund of the yearに選ばれているファンドで、先進国株式に投資するファンドの中でも運用手数料が安いというのが特徴です。自分も毎月のつみたてに使っています。今年は順位を7位まで落としていますが、まだまだ存在感があるファンドです。

 

最後に

Fund of the yearは投信ブロガーが選ぶもので、世間一般の人気や運用利回りが良いものとは少し違っています。

たくさんのブロガーがそれぞれの視点で選んだファンドが選出されるので、ランキングに入ったファンドについて調べてみることは色々と参考になります。

 

もしここまで記事を読まれたのであればぜひともFund of the yearのサイトもチェクしてみてくださいね。

http://www.fundoftheyear.jp/2020/

 

 

※投資をするのは読者の皆様の自己判断でお願いしますね!

-つみたてNISA, 投資, 投資信託, 積立投資
-,

© 2021 pedalclecleの自転車操業 Powered by AFFINGER5