FIRE つみたてNISA 投資

FIRE(Financial Independence Retire Early)のゴールとそこに到達するための手段について考えたことありますか?

私はFIRE(Financial Independence Retire Early)を目指しています。

 

FIREのゴールとそこまでの道のりをどう乗り越えていくかの方法も決めています。

 

FIREを目指すために投資を始めたという人はTwitterなどでよく見かけるようになりましたが、具体的なゴールやゴールまでのたどり着くための方法を確立している方は少ないのではないでしょうか?

 

具体的なゴールとそこに到達するための手段を決めることは重要です。

 

この記事では私のゴールとそこに到達するまでの手段について紹介します。参考にしていただけると幸いです。

私のFIREのゴールとそこに到達するまでの手段

FIREのゴール

おそくとも60歳でFIRE可能な状態にする

 

FIREというゴールに到達するまでの手段

  1. 毎月のつみたて投資の積立額(8万円)を維持する
  2. 投資利回りは年4%を想定
  3. 住宅ローンを組んでいるが大幅な金利上昇がない限り繰り上げ返済はしない

現状のつみたて投資の資産を元に、上記に書いた手段で投資を続けるとだいたい60歳には4,000万円を超えられるかなと考えています。

 

大事なことは、ゴールとそこに行く手段を具体化し、本当に到達できるか検証してみることです。

 

【ゴール】おそくとも60歳でFIRE可能な状態にする

現在43歳の私がこれから17年積立投資を継続するとゴールするのは60歳となります。

 

FIREなのに60歳がゴールかよ」って言われそうですが、今の40代より若い世代はおそらくは70歳定年が当たり前になっていると想像しています。

 

そうなったときに、60歳でFIREは十分に早期退職に当たると私は考えています。

 

また、60歳だと健康寿命の面でも10年以上の時間を確保できます。なので、現在のゴールは「60歳でFIRE可能にする」です。

 

ただ、現在はDINKSな我が家ですが今後子宝に恵まれることがあればもう少し長く働くことにはなると思います。あと、60歳になってもRetireするとは言ってませんよw

 

 

【手段1】毎月のつみたて投資の積立額(8万円)を維持する

ゴールと現在のつみたて投資で溜まった原資、積立期間、この次に説明する想定利回りから逆算すると、今毎月積み立てしている8万円を継続することが必須になってきます。

ここで大事なことは

毎月の積立額を維持すること

です。

 

私はつみたて投資を始めた初期に大きな値下がり局面に直面しました。その時、情けないことに毎月の積立額を少し減額して様子見するという悪手を選択しました。

 

減額することで余裕ができたお金を使う予定があるのであればやむを得ないと思います。しかしこのときの私はただ心配なだけで使いもしないお金を貯金に回しただけになってしまいました。

 

結果、マイナス期間は1,2年で回復し、その後は基準価格が右肩上がりとなり、今ではマイナス期間の最低値の5倍くらいまで上昇しています。

 

減額した分は利益を取り逃したことになります。

 

 

このときの教訓から学んだことは「毎月の積立額を維持すること」です。

 

特に、最近投資をはじめられて大きなマイナスを経験していない方にはこのことを頭の片隅にとどめておいていただければと思います。

 

【手段2】投資利回りは年4%を想定

4%という想定は低すぎるのでは?との考えもあるかもしれません。もしくは、想定が甘すぎる!と考える方もいるでしょう。

 

私はこれまで10年位つみたて投資を続けてきました。この10年間のの平均利回りは現時点で年7〜8%くらいです。

 

最近の株高、特に今年に入ってからは相当なペースで値上がりしています。こういった相場がいつまでも続けばよいですが、こんな都合の良い話もありません。

 

今の上昇相場が続くことはないだろうとの想定で私の投資の利回り想定は年4%くらいにしています。

 

想定を高く見積もっていると当てが外れたときの立て直しが容易ではありません。

 

4%はある程度のリスクを想定した数字として設定しています。

 

【手段3】住宅ローンを組んでいるが大幅な金利上昇がない限り繰り上げ返済はしない

住宅ローンの繰り上げ返済をしない理由は大きく2つです

  • 住宅ローン控除を受ける
  • そもそもの金利が低いので、繰り上げ返済の原資の一部を投資で運用するほうが効率が良い

住宅ローン控除を受ける

住宅ローン控除はローン残高の1%を税額控除してくれるありがたい制度です。(期限や条件は人それぞれ異なりますので詳細についてはググってくださいw)

 

現在、住宅ローンの金利は変動だと1%を切ることも可能で、私もとある銀行の最優遇金利で借りることができました。

 

繰り上げ返済すると税額控除が減るので、私は少なくとも金利が1%を超えない限りは繰り上げ返済は検討しません。

 

そもそも金利が低いので、繰り上げ返済の原資の一部を投資で運用するほうが効率が良い。

「投資利回りは4%を想定」でも書いたとおり、住宅ローンの金利<<投資利回りなので、繰り上げ返済するよりも毎月の返済をしつつ余裕がある分の一部は投資に回すほうが効率が良いと考えています。

 

ここで大事なのは「余裕がある分の一部を投資に回す」であり、繰り上げ返済に回す額すべてを投資に注ぎ込むことでは有りません。

 

万が一、住宅ローンの金利が大幅に上昇した場合、返済できなくなることを避けるべく一定程度の現金をためておくことも大切です。

 

投資資金(特に投資信託)は即日で現金化できない資産です。現金が急に必要になること、金利が上昇したときの負担を減らすための手段を保つ意味でも、余裕資金は全額投資ではなく一部投資にしておくのが私の方針です。

まとめ

FIREのゴールが決まればとそこに行くまでの方針・手段が決められます。

 

ゴールは人それぞれなので、これを読まれた読者様ご自身で一度決めてみてください。そして、そのゴールから逆算してどのくらいのペースで資産を増やせばよいかが見えてきます。

 

私のゴールは到達可能なゴールであると考えています。

皆様も投資を初めてFIREしたいとなったらまずはゴールを決めてそこから逆算して貯金や投資をするようにしましょう。

 

 

投資をするのであれば楽天証券がおすすめです。タンタンとつみたてていくとポイントも貯まります。ポイントを使って再投資するのもありです。それ以外にも楽天でショッピングで使うというのもいいと思います。ポイントの使いみちがたくさんあるということが楽天ポイントの一番の強みです。

↓まずは楽天会員になるところから始めましょう
å

投資はもちろん自己責任で行ってください!!

-FIRE, つみたてNISA, 投資
-,

© 2021 pedalclecleの自転車操業 Powered by AFFINGER5